保険相談はFPに聞こう|自分にビンゴ保険

相談する場所

保険相談の種類と利用方法

保険相談をするとき、誰にすばよいのか、どこへ行けばよいのかを知っておくことは大切です。そもそも保険相談には幾つかの種類があります。相談を行う主体別に分けると、保険会社、保険代理店、銀行、ファイナンシャルプランナー会社などがあります。相談に対応してくれる人によって分けると、保険会社や保険代理店の社員や銀行員及び独立したファイナンシャルプランナーに分けられます。独立したファイナンシャルプランナーとは、保険会社や銀行などの組織に属さないでファイナンシャルプランナー業をしている人です。保険相談をする場合、先の種類を念頭に置いて、自分はどこにすればよいのか選択してみてください。尚、近年は提携ファイナンシャルプランナーによる保険相談も増えています。インターネットでも、提携ファイナンシャルプランナーが相談をお受けしますと明記しているところが多いです。より客観的なアドバイスがほしいなら、提携ファイナンシャルプランナーによる保険相談を選んでください。

無料相談と有料相談の違いについて

保険相談には、有料のものと無料のものがあります。有料相談は、主にファイナンシャルプランナーが行っている場合です。相談料は、ファイナンシャルプランナーの経験や実績によって違いますが、1時間5,000円から20,000円までが多いです。また、初回は無料という人もいます。相談する前に、相談内容を伝え、料金を確かめておいてください。尚、保険会社や代理店などの提携ファイナンシャルプランナーによる保険相談は無料ですが、無料だから客観的なアドバイスが得られないというわけではありません。ファイナンシャルプランナーは、ただ保険のことだけを考えてアドバイスをするのではなく、相談者であるお客様の家計状況やライフプランなどを加味して、総合的見地から適切な保険商品を提案してくれます。