保険相談はFPに聞こう|自分にビンゴ保険

税理士にも相談

税理士の多くは保険代理店の資格を持っています

税理士が保険代理店の資格を有していることがあります。税理士が顧問先から保険相談を受けるのは、主として生命保険ではありますが、損害保険も含めて対応できるようにしている税理士が多いのです。保険相談の一つは法人契約の生命保険における保険金額に設定です。経営者に万一のことがあると経営への影響が少なくありませんので、保障が必要であることは間違いありません。一般的には、金融債務を弁済して、当面の給与や仕入れ債務の支払いに支障がない金額に設定します。

決算内容を把握している税理士の提案は安心できます

顧問税理士に保険相談をすることの大きなメリットは、税理士が決算内容などを熟知していることです。決算対策の生命保険は、一般的に節税の目的で利用されますが、どの程度の決算対策をするべきであるか、顧問税理士であれば的確なアドバイスができます。生命保険で節税をする企業は多いですが、保険料は毎年継続して支払わなければなりませんので、目先の節税だけのために高額な保障の契約をすることは得策ではありません。将来的な決算の見通しも含めて保険の契約内容を検討しなければなりませんが、それを顧問税理士に相談すると安心です。顧問税理士が保険代理店である場合には、手続きも税理士が対応してくれますので、企業にとっては助かります。